ABOUT

里山デザイン

SATOYAMA DESIGN

私たち里山デザインは、京都市の北端に位置する自然豊かな里山・京北(けいほく)をベースにするクリエイティブ集団です。
2013年以降、東京都や京都市などの都市部から移住してきたメンバーによって構成されています。
もとは、デザインやアート制作、写真、雑誌の編集や通訳、茶道や生花を都市部で行っており、それぞれの持つ異なる職能を活かした形で事業を展開しています。デザインと言っても私たちは地域そのものをデザインする「ソーシャル・インパクト・デザイン」を提唱し、実践しています。ソーシャル・インパクト・デザインとは、地域が抱えている社会的課題を解決する目的のために、地域の関係性をフラットに繋ぎ、新たな価値を創出することで、自立した生活の場としての地域をクリエイトする実践的な技術のことです。
私たちは、京北という地域に根を張り、地域ブランディングやデザイン制作、インバウンド事業や海外と連携し教育プログラム、地域の資源を活かした商品開発やプロモーションイベントなどを行うことを通して、実際にこの地域へソーシャル・インパクトを与え続けてきました。

We are SATOYAMA Design based in Keihoku, the deep mountainous area in Kyoto.
We are a creative agency, and our team consists of members who have relocated from big metropolitan cities like Tokyo, and Kyoto. Member of Satoyama Design have moved to Keihoku since 2013, and has special skills such as design, art, photography, editorial, interpretation, tea ceremony, flower arrangement, and so on.
We utilize our experiences and expertize nurtured in urban areas to revitalize the rural community.
We are not designing for the sake of design, but to design the community itself. What we are calling “Social Impact Design” ranges in activities from helping the community tourism for the mountainous areas that are decreasing in population, to product design, manufacturing, event planning, creating new businesses, and deeply rooting ourselves in the community.

Why
KEIHOKU ?

京北は、京都市街地から車で約1時間北上した場所にある中山間地域です。 総面積の93%が森林であるこの町は、古くから林業が栄え、都へと木材を供給する役割を果たしてきました。
四方を山に囲まれ、自然と調和した暮らしが今も息づくこの地域では、近年多くの若い人々が移り住み、古いものと新しいものが交ざり合うことで、今までにない暮らしのスタイルが創造されています。
一方で、国内における多くの中山間地域と共通する数々の課題があります。廉価な輸入木材による国産材の需要の低下や、獣害による農業被害(京北では人口よりも鹿の生息数の方が多いほどです)、少子高齢化による過疎問題などです。
こうした課題は、広く見れば日本という国が抱えている課題の縮図として京北に現れているとも言うことができます。そして、京北において、これらの課題を解決するひとつのあり方を示すことができれば、それは同時に日本の課題を解決できるひとつの可能性を提示することにもなります。

Keihoku is a mountainous area located north in one-hour-drive from the city of Kyoto.
93% of this region is made up of forests, and has long been a supplier of wood to the old capital of Kyoto.
Recently, Keihoku has attracted many youngsters seeking a more natural way of life to move in. This is where a new life style is being created by mingling the old and new together.
On the other hand, the community has many issues, such as declining forestry, damage on crop by wild animals (Keihoku is more populated by deer than humans!), and depopulation with lower birthrate and aging.
Zooming out of Keihoku, these problems faced in this region is a microcosm for Rural Japan.  Therefore, if we could show the way of problem-solving here, our trials can be shared with other regions in Japan for a better social change.

◎私たちの目指すもの

「里山」とは、人間の住む「里」と自然の「山」の境目にある自然と人が長年共存してきた環境のことを言います。
私たちは「里山」というモデルを通じて、これまでの都市型の生き方とはまた違った、
その地域の自然環境や資源と持続的な関わりを持ちながらも、社会の一員として都市部とのつながりを失わない、
新しい生活のスタイルをデザインしていきます。

◎Our goal

Satoyama, in Japanese describes a natural environment where people and the natural ecosystems coexist over history.
We propose a new way of lifestyle of Satoyama model enablilng nature conservation and social goodness coexist
while living closer to nature and traditional culture, which we call “Satoyama Model”.

私達の強み   
Our Specialities

地域の現場

Community

Empowerment

大都市で、都市型の専門職として働いていたメンバーが、 地方に移住し、現場主体の地域創生を実践しています。 実際に暮らしの中から見えてくる過疎地域の課題や資源を可視化し、 細やかな人間関係に配慮しながら、行政や商工会、クラフト作家や農家、 林業家、商店、宿泊施設と連携し、互いの価値を増幅させる変化を作り出します。

Members of Satoyama Design have developed expertise during their career in Tokyo and Kyoto, and are committed to the bottom-up community revitalization by moving to a rural area. Through daily life, we visualize the issues faced and potential resources needed, while building a partnership carefully among the government, the chamber of commerce, craft artists, farmers, forestry workers, shops, and accommodations, to enhance mutual value.

異なる職能

Various Professional

Skills

デザイン、写真、翻訳などの技術があることから、地域の課題に具体的な「制作物」 という解決策を提示したり、コミュニケーションを地域内外と取りながら、イベントやツーリズムを形にし、今までになかった人の流れを作ってきました。 またデザインや語学、ガイドの能力などを、地域内外や国外の学生たちに教えたりと、それぞれの職能が地域での教育ともつながっています。

Since our members have specific skills such as design, photography, and languages, that we have been able to deliver services that are necessary for problem-solving, and to organize events and tourism that the community never tried before. Also, we implement various education program regarding design, guiding, language learning for domestic and international students.

暮らしに根付くツーリズム

Community Based

Tourism

もともと外国人観光客ゼロだった過疎地域に、創業以来農家民泊施設が6件新たにでき、年間1300人以上の個人客が世界中から来訪する京北地域。
20世紀型の名所旧跡・グループ型観光ではなく、地域ホストと少人数でじっくりとお互いの文化を紹介、対話をしながら、トレッキングやクッキングなどを体験し、 夜には地元の方や移住者たちが集まる寄り合いにも共に顔を出し、時には祭りにも参加するというような、交流型・共同体験型のプログラムを作ります。

The depopulated Keihoku was not in shape to welcome international tourists, until Satoyama Design started our community tourism service in 2013. The farm house accommodation has increased from zero to six, and totally 1300 FIT (Free Individual Travelers) visit the village of Keihoku. We believe tourism in 21st century is not sightseeing, but to live like locals. What we offer in our tourism is to share our life by having an experience of cooking, trekking, or even joining local party or festival. We also introduce a new way of work style, so that guests can fully immerse in another environment from their daily life.

メンバープロフィール    Member Profile

Photographer

Hironori Fukumoto

福元 宏徳 - 代表理事

1987年、鹿児島県生まれ 写真家 2014年 京北に移住。
2015年〜KEIHOKU  Style展を6回オーガナイズし、京北の写真展を開催。
英語(ビジネス会話レベル)


3年にわたる海外放浪では森林保護の活動や植林のボランティア、数ヶ月に渡るテント生活などの体験から、人と自然が共存できるライフスタイルを模索している。
京北で暮らして気付かされた里山の暮らしの知恵や精神性に強く惹かれ、そうした地域の魅力を写真で国内外へと伝えている。


Chairman
Born in 1987, in Kagoshima. Photographer
2014 Moved to Keihoku
2015 - Organized a 6 series event called “Keihoku Style”, including his photography exhibition on life in Keihoku.
Fluent in English.


During his 3 year-trip abroad, he was so inspired by forest conservation activities and living in a tent for a few months, that he still seeks for a lifestyle where humans and nature can coexist.

Communication Coordinator

Kei Nakayama

中山 慶 - 共同創業者 海外事業統括責任者

1983年・愛知県生まれ。
慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、同時通訳者(英語)として世界一周のクルーズ船にて勤務。
その後、東京にて旅行会社が発行する雑誌にて編集者として働く傍ら、添乗員としての経験も積む。
2013年、学生時代より住んだ東京より京北に移住し、外国人向けの自然・文化体験サービスDiscover Another Kyotoのサービスを立ち上げる。
2016年、京都信用金庫「京の起業家大賞・最優秀賞」受賞。


他にも
・外務省の学生交流企画JENESYSのコーディネーターを3年連続で努めた
・訪日情報ウェブサイトJapanguide.comと共に、日本全国の知られざる魅力を発見する、We Love Japan Tourプロジェクト事務局長


仕事で訪れた国は80ヶ国に及び、留学経験なしで、英語(同時通訳者、通訳案内士、英検1級)、中国語(通訳案内士、HSK6最高級保有、大阪府スピーチ大会優勝)スペイン語やフランス語も中級程度。現在はロシア語も学ぶ。


Co-founder
Born in 1983 in Aichi Prefecture. Interpretation Guide (English/Chinese), simultaneous translator, editor.


After graduating from Keio University, faculty of Political Science, he worked on a world-circumnavigating cruise ship as a simultaneous translator. After that, he worked as an editor for a travel magazine based in Tokyo as well as gaining experience as a tour conductor.
In 2013, he moved from Tokyo, the place he called home for his school years, to Keihoku. He started a nature/culture experience service called “Discover Another Kyoto” aimed towards foreigners and was awarded as the top finalist for the Kyoto Entrepreneurial Award from Kyoto Credit Bank.


Fluent in English, Mandarine Chinese, French and Spanish (Intermediate), basic Russian.

Designer

Hiromu Sato

佐藤 啓 - デザイナー


1987年、京都市生まれ 美術家


1987 Born in Kyoto, Hiromu is also an installation artist.

Accounting

Megumi Asano

浅野 恵 - 経理

JICA青年海外協力隊員として、中国江蘇省に幼稚園教諭隊員としては初めて派遣され、日本の幼児教育技術の提供と協力に努めた。任期満了後は、シンガポールへ移住。International Preschool(国際幼稚園)にて2年間勤務し、多国籍の先生や生徒が入り交じる多文化環境にて、幼児教育を実践した。

その後、京北での子育てを機に、親子で楽しむイベントユニット 「親子にっこり製作所」を、子育て仲間たちと共に立ち上げ、企画・運営・広報面の活動も行う。里山デザインの新規移住者達を、地域コミュニティとつなぐ、重要なハブの役割を果たしている。北京語言大学に短期留学経験があり、中国語に堪能。


Since 2004, Megumi has lived in Keihoku, is also a certified Nursery teacher As a JICA Youth volunteer, Megumi was dispatched to Jiangsu province in China as a kindergarten teacher as a first trial, and strived to provide Japan’s pre-school education.
After the mission, she moved to Singapore and worked for an International Preschool where different nationalities mingle, for 2 years. After moving to Keihoku, and giving birth to her child, she initiated to organize events for children and their families to mingle within the Keihoku community. Megumi has lived in Keihoku the longest compared to the other members, and therefore plays an important role to connect us to the local community.
Fluent in Mandarine Chinese.

Producer

Midori Ota

太田 みどり - 地域プロデューサー

1981年生まれ
2004年 関西学院大学 法学部卒
2013年 京北に移住。外国人観光客に体験型プログラムを提供し、京北へのインバウンド誘致に取り組む。
2015年〜 福元と共にKEIHOKU Style 展のオーガナイズを担当。
2017年〜東京と京北を行き来しながら農業と福祉を連携させて地域の課題解決を図る取組みである農福連携の普及、ノウフク商品の販路拡大を目指す。
英語(ビジネス会話レベル)


Born in 1981
2004 Graduated from Kwansei Gakuin University, Faculty of Law
2013 Moved to Keihoku, and started to offer experience-based programs for international tourists and promote the area
2015 - Organized “Keihoku Style” exhibition with Hiro
From 2017, Midori has been involved in an initiative to encourage the partnership between agricultural field and handicapped people in aiming to solve community issues, as well as to expand distribution channel of collaborated products.
Fluent in English.

Director Founder

Shigeki Kunimatsu

國松 繁樹 - 顧問・創設者

1985年からクリエイティブディレクター・アートディレクター・グラフィックデザイナーとして、CI・VI・ポスター・新聞・雑誌・企業案内・パッケージ・WEB等、企業のアイデンティティ構築から商品ブランディング、ディレクション・コピー・デザインまで手掛けた。
2007年から社会との関わりを重視するソーシャルインパクトマーケティング(デザイン)を具現化するため、地域ブランディング・農福連携ブランディングに携わる。縦割りなど分離した社会構造から生じる課題を、デザイン・コミュニケーション技術により連携させることで社会的課題解決を目指す。


・受賞歴
グッドデザイン賞、ベルギーペントアワード 金賞 (世界で唯一のパッケージデザイン賞)、東京インタラクティブアドアワード、毎日広告デザイン賞、他多数


・クライアント歴
アサヒビール、東芝、三井住友銀行、JT、JR東日本、カシオ、ソニー、キリンビール、ユニセフ、財務省、日本総研、三菱商事、リクルート、丸井、ミレニアムリテイリンググループ(西武・そごう)、ファミリーマート、ヤフーBB、無印良品、日本水産、劇団四季、他約50社以上


Since 1985, Kunimatsu, as a creative director, art director, and also graphic designer, and has been committed from building Corporate Identity to product branding, direction, copy-making and design in the field of CI, VI, poster, newspaper, magazine, company brochure, package, and web design.
Since 2007, Kunimatsu started working on rebranding rural communities and handicapped people. He tries to utilize his design and communication expertise to solve social issues, caused by Japanese hierarchical social structures.


・Awards
Good Design Award, Belgium Pent Award Golden Prize (Only Package Design Award in the world), Tokyo Interactive Ad Award, Mainichi Advertisement Design Award, etc


・Clients record
Asahi Beer, Toshiba, Mitsui Sumitomo Bank, JT, JR East Japan, Casio, Sony, Kirin Beer, UNICEF, Ministry of Finance, The Japan Research Institute, Mitsubishi Corporation, Recruit, Marui, Seibu, Sogo, Family Mart, Yahoo BB, MUJI, NISSUI, Shiki Theater Company